top of page

2024年2月の健康と美容


令和6年に発生した能登半島地震で失われた多くの尊い命に対し、深い哀悼の意を表明いたします。被災された方々とそのご家族に心よりお悔やみ申し上げます。

さて、私たちが生きていく中で、健康に気を付けることは極めて重要です。東洋医学の視点から、陰陽五行説を取り入れ、2月の健康維持について考えてみましょう。

【陰陽五行説と健康】

東洋医学における陰陽五行説は、自然界のエネルギーのバランスを重視しています。これを身体に適用することで、健康を維持する手助けになります。

【食事メニュー】

陰性食材を摂る:

白菜と豆腐の鍋 冷え込む2月には、陰性食材で体を温めましょう。白菜と豆腐の鍋は、陰性の食材を組み合わせ、冷えた体を温め、腰痛や肩こりの予防には極めて効果的です。

陽性食材を加える:

鶏肉と野菜の炒め物 陰陽のバランスを整えるためには、陽性の食材も大切です。鶏肉と野菜の炒め物は、体力を補充し、筋肉の疲労を和らげます。

血流促進の食材を取り入れる:

生姜入りのおかゆ 血流の滞りが腰痛や肩こりの原因となります。生姜入りのおかゆは、体温を上げ、血行を促進させる効果があります。

【運動メニュー】

腰痛対策:

腰回し運動 簡単な腰回し運動は、腰痛予防に有効です。毎日の習慣として取り入れ、筋肉の柔軟性を維持しましょう。

肩こり解消:

首のストレッチ 仕事や生活習慣により起こる肩こり。首のストレッチは、緊張を解きほぐし、肩こりの軽減に寄与します。

筋膜リリース:

ヨガ 筋膜リリースを促進するためには、ヨガが効果的です。呼吸と動きを組み合わせ、深いリラックスと筋肉のほぐれを実感できます。

この2月号では、東洋医学の視点から健康を促進する食事と運動に焦点を当てました。腰痛、肩こり、筋膜リリースに対するケアを心掛け、バランスのとれた生活を送りましょう。

最新記事

すべて表示

臨時診療と臨時休診のお知らせ

2月12日及び2月23日の祭日は午前中のみ診療いたします。 また、2月17日及び2月24日の土曜日は臨時休診いたします。 よろしくお願い致します。

2024年1月の健康と美容

寒さ厳しい1月に健康美人ライフのヒントをお届けします。今月のテーマは、『東洋医学の視点からの陰陽五行説を取り入れ、腰痛、肩こり、筋膜リリースにフォーカス。心身ともにバランスを整え、冷え切った体を温めましょう。』です。 ▶ 食事メニュー3選:身体を温める食材で健やかな腰と肩 1.    根菜たっぷりの温かいポトフ 冷え性に悩まされる季節。根菜の食物繊維と ビタミンで代謝を促進し、腰痛や肩こりの改善に

年末年始のお知らせ

年末は12月30日土曜日午前中までの診察とさせて頂きます。年明けは1月4日木曜日からとさせて頂きます。

bottom of page