top of page

2024年1月の健康と美容

寒さ厳しい1月に健康美人ライフのヒントをお届けします。今月のテーマは、『東洋医学の視点からの陰陽五行説を取り入れ、腰痛、肩こり、筋膜リリースにフォーカス。心身ともにバランスを整え、冷え切った体を温めましょう。』です。

▶ 食事メニュー3選:身体を温める食材で健やかな腰と肩

1.    根菜たっぷりの温かいポトフ 冷え性に悩まされる季節。根菜の食物繊維と

  ビタミンで代謝を促進し、腰痛や肩こりの改善に効果的です。

2.    ごぼう茶と白ごまの入った玄米ご飯 ごぼうは身体を温め、白ごまには良質

  な脂肪酸が含まれています。玄米の食物繊維も腸内環境を整え、健康な腰と

  肩をサポートします。

3.    生姜と柚子の入った温かい魚のスープ 生姜の辛味が身体を温め、柚子の香

  りがリラックス効果をもたらします。オメガ3脂肪酸の豊富な魚は関節や筋

  肉の健康に貢献します。

▶ 運動メニュー3選:冷え知らずの腰と肩のために

1.    陰ヨガ:腰痛や肩こりに効くソフトなストレッチ 寒い季節には陰ヨガがお

  すすめ。ゆっくりとしたポーズで筋肉をほぐし、腰や肩のコリを解消しま

  しょう。

2.    ウォーキング:冷えた体を温める有酸素運動 寒さに負けず、軽いウォーキ

  ングで全身を活性化。血流促進により、腰痛や肩こりの予防になります。

3.    筋膜リリース:コアトレーニングで安定した腰と肩を 筋膜リリースは、

  フォームに注意しながらコアを鍛え、姿勢を整えます。日常の動作が楽に

  なり、腰痛や肩こりの改善につながります。


陰陽五行説を意識した食事と運動で、寒い1月も元気で健康美人ライフを楽しんでください。腰痛、肩こりから解放され、心地よい冬を迎えましょう。



最新記事

すべて表示

2024年2月の健康と美容

令和6年に発生した能登半島地震で失われた多くの尊い命に対し、深い哀悼の意を表明いたします。被災された方々とそのご家族に心よりお悔やみ申し上げます。 さて、私たちが生きていく中で、健康に気を付けることは極めて重要です。東洋医学の視点から、陰陽五行説を取り入れ、2月の健康維持について考えてみましょう。 【陰陽五行説と健康】 東洋医学における陰陽五行説は、自然界のエネルギーのバランスを重視しています。こ

臨時診療と臨時休診のお知らせ

2月12日及び2月23日の祭日は午前中のみ診療いたします。 また、2月17日及び2月24日の土曜日は臨時休診いたします。 よろしくお願い致します。

年末年始のお知らせ

年末は12月30日土曜日午前中までの診察とさせて頂きます。年明けは1月4日木曜日からとさせて頂きます。

bottom of page