top of page

12月の健康と美容

12月は陰性が強まり、冷たい水のエネルギーが支配的な季節です。この時期は陽性のエネルギーが低下し、体温が下がりやすいです。寒冷な環境に対抗するため、温かく栄養豊富な食事が重要です。温かいスープや煮込み料理、特に生姜やニンニクを使った食品が体を温めます。根菜やきのこも陰性の季節に適しています。 運動面では、陽性のエネルギーを促進する柔軟性向上のエクササイズが効果的です。ウォーキングやヨガなど、穏やかで身体を温める運動がおすすめです。冷えからくる関節の硬さを防ぎ、体力維持に寄与します。


【食事メニュー】 1.生姜焼き鶏と根菜の煮込み: 生姜の辛味が体を温め、根菜は豊富な栄養を提供します。

2.白菜と豚肉のしょうが蒸し: 豚肉と白菜のしょうが蒸しは、体を温めつつ胃腸にやさしい料理  

 です。

3.紅茶と共に食べる雑穀おかゆ: 温かい雑穀おかゆは、消化を助けつつ体を温めます。


【運動メニュー】

1.ゆるやかな太極拳: 静かな動きで陽陰のバランスを整えつつ、体を温めます。

2.冷え予防のための足首回し: 足首を優しく回すことで、下半身の冷えを緩和します。

3.陽の気を呼び起こすサンサル: 体全体を使ったエクササイズで、冷えを防ぎながらエネルギー 

 をアクティブに保ちます。


これらの食事と運動は、冬季の陰性エネルギーに対抗し、体調を整える助けとなります。

体調を整えて寒い冬を乗り切りましょう


最新記事

すべて表示

5月の健康維持コラム

食事と運動のすすめ皆様、こんにちは。 五月の終わりのコラムです。暖かくなり運動を行いやすい季節となりました。どのような運動を行うとよいのか書いていきます。 【5月に行うとよい運動メニュー】 ①ウォーキング 新緑の中、ウォーキングを日課にすることで、心身のリフレッシュはもちろん、腰痛や肩こりの予防にもつながります。適度な運動は血行を促進し、筋膜の柔軟性を保つのに役立ちます。 ②ヨガ 特に肩こりや腰痛

5月の健康維持コラム:食事と運動のすすめ

皆様、こんにちは。新緑がまぶしい5月、体調を整え、気持ちも新たに過ごすための食事と運動についてお話しします。特に30歳代から50歳代の女性の皆様が、腰痛や肩こりに悩まされがちなこの時期、効果的な方法をご紹介します。 【5月に食べるとよい食事メニュー】 ①鮭と春野菜のグリル 5月は体を温め、免疫力を高めるオメガ3脂肪酸が豊富な鮭がおすすめです。アスパラガスや新じゃが、エンドウ豆など、春野菜と合わせて

4月に行うとよい運動メニュー

4月の第2弾。運動メニューです。徐々に暖かくなり体を動かしたく寝る季節です。下記の運動内容を実施してみましょう。小趾が良くなると思いますよ!                                                   a. ストレッチと筋膜リリース 腰痛や肩こりの改善には、筋膜リリースが効果的です。フォームローラーやテニスボールを使って、腰回りや肩甲骨周辺の筋肉をほぐしまし

Comments


bottom of page